• 本

団体旅行の文化史 旅の大衆化とその系譜

出版社名 創元社
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-422-23044-3
4-422-23044-1
税込価格 3,520円
頁数・縦 332P 21cm

商品内容

要旨

伊勢参りから修学旅行、団体参拝、社員旅行、グループ旅行に至るまで、文献資料や丹念な聞き取り調査を手がかりに、旅行スタイルの変化と成熟を多角的に考察。団体旅行の系譜を観光文化史のなかに位置づける。

目次

1 お参りの旅(伊勢参りとおかげ参り
元祖旅行業としての御師
伊勢参宮から全国周遊へ ほか)
2 学びの旅(通過儀礼としての旅
修学旅行のあけぼの
参宮と修学旅行 ほか)
3 親睦の旅(戦後復興と団体旅行
海外旅行の大衆化
新婚旅行とアンノン族 ほか)

著者紹介

山本 志乃 (ヤマモト シノ)  
1965年、鳥取県生まれ。神奈川大学国際日本学部教授。博士(文学)。民俗学専攻。主に交通交易にまつわる伝承、旅行文化の変遷などをテーマに研究している。著書に、『行商列車―“カンカン部隊”を追いかけて』(創元社、第42回交通図書賞歴史部門受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)