• 本

英語教育のエビデンス これからの英語教育研究のために

出版社名 研究社
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-327-41105-3
4-327-41105-1
税込価格 2,750円
頁数・縦 204P 21cm

商品内容

要旨

“科学的真偽のアプローチ”から“意思決定のアプローチ”へ。英語教育研究にとって「エビデンス」とは何か。「エビデンスに基づく英語教育」の可能性と課題は何か。「科学的な効果」を安易に語る風潮にも釘を刺し、英語教育研究のパラダイムシフトを提案する。

目次

第1章 英語教育研究の新たな原則―エビデンスについて考える前に
第2章 エビデンスで英語教育は変わるのか―EBPPの基本概念の批判的検討
第3章 英語教育におけるメタ分析の重要性
第4章 メタ分析の調整変数とアウトカムを測る従属変数
第5章 よいエビデンスを得るためのリサーチデザイン―外的妥当性・内的妥当性をいかに向上させるか
第6章 リサーチデザインを問う―スタートラインで考えるべきこと
第7章 研究課題を問う―どういう問いを立てるのか
第8章 測定モデルと共通変数を問う―PK‐Testを事例に
第9章 これからの英語教育研究のあり方を考えて
補章 座談会 英語教育研究について微妙な話もしよう

出版社・メーカーコメント

★エビデンスに基づく英語教育の可能性と課題1990年初頭に広がった「エビデンスに基づく医療」の議論を受け、英語教育の世界においても、「エビデンス」に基づいた英語教育研究の必要性が盛んに言われるようになった。本書では、英語教育研究におけるエビデンス利用の可能性、意義だけでなく、その問題点についても厳しく問い直し、英語教育研究のパラダイムシフトを提案する。2016年出版『はじめての英語教育研究』の続編。英語教育研究者、とりわけ論文査読者必携。

著者紹介

亘理 陽一 (ワタリ ヨウイチ)  
中京大学国際学部教授。博士(教育学)。専門は英語教育学・教育方法学。教育研究の方法論的検討、言語教育内容構成理論の構築、外国語教員養成課程・研修におけるPCKの形成過程の解明などに関心がある
草薙 邦広 (クサナギ クニヒロ)  
県立広島大学准教授。博士(学術)。専門は言語学・言語教育。言語教育と教育実践に対する数理モデリングの応用、研究方法論一般と言語教育を巡る思想に関心がある
寺沢 拓敬 (テラサワ タクノリ)  
関西学院大学社会学部准教授。博士(学術)。専門は、言語社会学、教育社会学、言語政策。非英語圏(特に日本)における英語をめぐる政策・制度・言説に関心がある
浦野 研 (ウラノ ケン)  
北海学園大学経営学部教授。MA in English as a Second Language。専門は第二言語習得・英語教育。統語・形態素の習得、特定目的の英語教育、タスク・ベースの言語教育に関心がある
工藤 洋路 (クドウ ヨウジ)  
玉川大学文学部教授。博士(学術)。専門は、英語教育学。英語教授法、英語ライティング論、言語テスト論、英語教材論、英語教員養成に関心がある
酒井 英樹 (サカイ ヒデキ)  
信州大学学術研究院教育学系教授。Doctor of Education。専門は、第二言語習得、英語教育学。第二言語習得における言語環境の役割に関心がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)