• 本

Blood,Sweat & Tears BTSのすべて 世界の音楽市場を制し、進化し続ける彼らの軌跡をたどる!

出版社名 誠文堂新光社
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-416-62122-6
4-416-62122-1
税込価格 3,520円
頁数・縦 308P 27cm

商品内容

目次

BLOOD―BTSの原点と歩み(BTS世界と出会う
青春三部作で成功をつかむ
ありのままの自分を受け入れて世界に飛び立つ ほか)
SWEAT―デビューから7年間の音楽系譜(音楽とスタイル
学校三部作
DARK&WILD ほか)
TEARS―BTS流、自分自身の愛し方(BTSとARMY
インターネットを制覇する
音楽で伝えるメッセージ)

出版社・メーカーコメント

一過性のポップアイドルの枠を超えた才能豊かなアーティストグループというだけでなく、若者の代弁者、メッセージの発信者として世界中をとりこにしているBTS。彼らの成長の足跡を写真とともにたどりつつ、BTSがなぜ世界を魅了するにいたったかを多面的に分析します。1部(BLOOD)では、BTSの原点およびヒストリーとして、デビューから世界に進出するまでのBTSを描きます。メンバー紹介はもちろん、彼らの活躍に欠かせないサウンド面、ビジュアル面の主要なコラボレーターメンバーを紹介します。2部(SWEAT)では、彼らの音楽を分析。『学校三部作』から『MAP OF THE  SOUL』シリーズまで、各アルバムの特徴と背景、全曲コメントを掲載。また、「MAP OF THE  SOUL」について、ユング心理学者マレイ・スタイン博士(『ユング 心の地図』青土社刊の著者)と著者が対談し、アルバムに見られるユングの影響を分析します。3部(TEARS)では、BTSの現代性に着目。ファンダム(ARMY)との密接な連帯、インターネットを使っての発信、音楽を通して現代社会へ発するメッセージなどを解説します。豊富なビジュアルを含む圧倒的な内容で、BTSの世界観をより深く味わえる永久保存版の1冊となっています。

著者紹介

ハーマン,タマール (ハーマン,タマール)   Herman,Tamar
アメリカ人ジャーナリスト。アジアのポップカルチャーやトレンドを専門に、世界の音楽事情とマスメディアに精通。『ビルボード』誌でコラムニストを務める傍ら、『NBCニュース』『Forbes』『エンターテインメント・ウィークリー』などにも寄稿している。また、Netflixのドキュメンタリー番組『Vox’s Explained(世界の“今”をダイジェスト)』のK‐POPを取り上げる回に出演。K‐POPのブログサイト『KultScene』では編集長を務め、ポッドキャスト『Nice Jewish Fangirls』のホストの一人でもある
脇田 理央 (ワキタ リオ)  
東京都生まれ。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)