• 本

母親からの小包はなぜこんなにダサいのか

出版社名 中央公論新社
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-12-005464-8
4-12-005464-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 260P 20cm

商品内容

要旨

業者から買った野菜を「実家から」と偽る女性、父が毎年受け取っていた小包の謎、そして、母から届いた最後の荷物―。家族から届く様々な“想い”を、是非、開封してください。

出版社・メーカーコメント

昭和、平成、令和――時代は変わっても、実家から送られてくる小包の中身は変わらない!?業者から買った野菜を「実家から」と偽る女性、父が毎年受け取っていた小包の謎、そして、母から届いた最後の荷物――。実家から届く様々な《想い》を、是非、開封してください。

著者紹介

原田 ひ香 (ハラダ ヒカ)  
1970年神奈川県生まれ。2006年「リトルプリンセス二号」で第34回NHK創作ラジオドラマ大賞受賞。07年「はじまらないティータイム」で第31回すばる文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)