• 本

タクシードライバーぐるぐる日記 朝7時から都内を周回中、営収5万円まで帰庫できません

出版社名 三五館シンシャ
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-86680-920-5
4-86680-920-5
税込価格 1,430円
頁数・縦 204P 19cm

商品内容

要旨

お客の中には上から目線でストレスのはけ口をドライバーに向ける人もいた。お客の理不尽な言いがかりにも反論することなく、ぐっと我慢した。嫌なお客が降りた後、車内で「バカヤロー」と何度大声で怒鳴ったことだろう。―50歳でスタートし、65歳でリタイアするまでの15年間の体験を書きまとめた。私には私にしか書くことができない事実や思いがある。

目次

第1章 汗と、涙と、罵声の日々(採用基準―私のタクシー会社選び
タクシー業界のイロハ―つどう“エリート”たち ほか)
第2章 ドライバーの事情、お客の事情(探しに出るか、待つか―ライバルたち
クラスメイト―なぜ話しかけられなかったのか? ほか)
第3章 警察なんて大嫌い(違反切符―ニコニコ顔の警察官
ソープランド―人生悟った如来さま ほか)
第4章 さよならタクシードライバー(最高営収―12月、金曜日の奇跡
決定的な出来事―一過性黒内障の疑い ほか)

出版社・メーカーコメント

ベストセラー『日記』シリーズ最新刊!!50歳で失業、以降15年間にわたってタクシードライバーとして勤務した著者による、怒りと悲哀と笑いの録。「おい、どこ行くんだ!」後部座席のお客が大声で怒鳴る。私は思わず急ブレーキを踏んでいた。「すみません。お話し中だったものですから」私は詫びた。「しょうがねえなあ。八重洲と言っただろ?」「まだこのあたりに詳しくないもので……」「チッ」 30前後と思われるお客はあからさまに舌打ちをした。(「はじめに」より)今回もすべて実話の生々しさ。

著者紹介

内田 正治 (ウチダ ショウジ)  
1951年埼玉県生まれ。大学卒業後、家業である日用品・雑貨の卸業を継ぐべく専務として勤めるものの会社が倒産。両親と息子を養うため、五〇歳のとき、タクシードライバーに。以来、六五歳で退職するまで15年間にわたり1日約300キロを走行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)