• 本

ピーター・バラカン式英語発音ルール 面倒な発音記号がなくても大丈夫

出版社名 駒草出版株式会社ダンク出版事業部
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-909646-46-0
4-909646-46-9
税込価格 1,100円
頁数・縦 143P 19cm

出版社・メーカーコメント

ピーター・バラカン Peter Barakan 1951年ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年、音楽出版社で著作権関係の仕事に就くため来日。80年代にはYMOとそのメンバーの海外コーディネイションを担当。84年から3年半、TBSテレビのミュージック・ヴィデオ番組『ザ・ポッパーズMTV』の司会を務めた。現在はフリーランスのブロードキャスターとして活動し、『ウィークエンド・サンシャイン』(NHK−FM)、『バラカン・ビート』(Inter FM)、『ライフスタイル・ミュージアム』(Tokyo FM)、『ジャパノロジー・プラス』(NHK BS1、NHK World)などの番組を担当している。また、2014年から毎年音楽フェスティヴァル『Peter Barakan’s Live Magic! 』のキュレイターを務め、内外の素晴らしいミュージシャンを紹介している。おもな著書に『ロックの英詞を読む──世界を変える歌』『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『ピーター・バラカンのわが青春のサウンドトラック』(光文社知恵の森文庫)、『ラジオのこちら側で』(岩波新書)、 (集英社インターナショナル)、「新版 魂(ソウル)のゆくえ」(アルテスパブリッシング)、『テイキング・ストック』(駒草出版)がある。