• 本

引き出す力 相手が思わず話してしまうひとつ上の「聞く力」

出版社名 河出書房新社
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-309-30012-2
4-309-30012-X
税込価格 1,650円
頁数・縦 246P 19cm

商品内容

要旨

経営者、アーティスト、俳優、スポーツ選手…3000人以上に取材してきた名インタビュアーによる52の質問術。リアル&オンラインどちらのコミュニケーションでも使える、相手の話を引き出すための準備&実践&応用メソッド!

目次

第1章 引き出す力を理解するために大切なこと(コミュニケーションは言葉だけで行われているわけではない
「引き出す力」こそがキモになる ほか)
第2章 引き出す力を身につける 準備編―「引き出す」は顔を合わせる前から始まっている(オンラインで最も重要なのは「通信環境」
コミュニケーションが始まる前にガサゴソしない ほか)
第3章 引き出す力を身につける 実践編Part1―「引き出す力」は「目的の説明」から始まる(アイスブレイクは必要か、それとも不要か
自然なコミュニケーションのために「時間に余裕を持つ」 ほか)
第4章 引き出す力を身につける 実践編Part2―「引き出す力」を左右する質問を生み出し、構成する力(即興で話を引き出す難しさ
質問を作り過ぎてしまうとうまく引き出せない ほか)
第5章 引き出す力を身につける 応用編―相手の話を最大限引き出すための気くばり(「質問」を「詰問」にしないとっておきの方法
自分のことを話してから質問につなげていくという方法 ほか)

出版社・メーカーコメント

どうすれば一瞬で懐に入り、相手の本音を引き出せるのか? 3000人以上の著名人にインタビューしてきたプロが明かす質問の極意。

著者紹介

上阪 徹 (ウエサカ トオル)  
1966年兵庫県生まれ。ブックライター。これまでの取材人数は3000人を超える。「上阪徹のブックライター塾」を開講するなど、幅広く活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)