• 本

岡崎乾二郎批評選集 vol.1

感覚のエデン

出版社名 亜紀書房
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-7505-1711-7
4-7505-1711-9
税込価格 3,960円
頁数・縦 477,7P 22cm

商品内容

要旨

世界に可能性はまだあるのか、「芸術」はその問いに答える方法である。時を超えて交錯する思考の運動が、星座のように明晰なる一つの図形となって、新たな知覚と認識を導く。

目次

1 捲土重来―再開する時間(ふたたび、うまれる
墓は語るか(墓とは何か)。
墓は語るか ほか)
2 天体は抵抗する―確率論的抵抗(天体は抵抗する
確率論的主体性(放射能的アソシエーション)
理性の有効期限―理性批判としての反原発 ほか)
3 感覚のエデン―約束としての了解可能性(芸術教育とは何か?―教育と芸術そして科学
準備と注解
火星の住民と地球の芸術家 ほか)
4 経験のインフラストラクチャー

著者紹介

岡〓 乾二郎 (オカザキ ケンジロウ)  
1955年東京生まれ。造形作家、批評家。武蔵野美術大学造形学部彫刻学科客員教授、東京大学大学院総合文化研究科客員教授。1982年のパリ・ビエンナーレに招聘されて以来、数多くの国際展に出品し、セゾン現代美術館(2002年)、豊田市美術館(2019‐20年)にて大規模な個展を開催。「ヴェネツィア・ビエンナーレ第8回建築展」(2002年)の日本館ディレクター、現代舞踊家トリシャ・ブラウンとのコラボレーション(2007‐09年)など、絵画、彫刻、映像、建築など、ジャンルを超えて作品を創造するとともに、美術批評を中心に執筆を続けてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)