• 本

邪馬台国論争の新視点 続々

東アジアからみた九州説

出版社名 雄山閣
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-639-02782-9
4-639-02782-6
税込価格 2,640円
頁数・縦 190P 21cm
シリーズ名 邪馬台国論争の新視点

商品内容

要旨

『魏志』倭人伝は、『後漢書』東夷伝は倭をどのようにみていたのか。『魏志』や『後漢書』といった中国の史料と、邪馬台国時代の遺跡における遺物の発掘状況などをもとに、2〜3世紀の中国・朝鮮半島と日本の関係、そして邪馬台国の実態に迫る。

目次

第1章 本居宣長と偽僭説
第2章 邪馬台国時代の年代
第3章 中国がみた「倭」
第4章 邪馬台国時代の北部九州
第5章 倭人とその世界の接点
第6章 『魏志』倭人伝と東アジア

著者紹介

片岡 宏二 (カタオカ コウジ)  
1956年福岡県生まれ。1979年早稲田大学第一文学部日本史専攻卒業。小郡市教育委員会技師、2017年行橋市歴史資料館館長を経て、現在、小郡市埋蔵文化財調査センター所長。文学博士(考古学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)