• 本

新・共産主義に破壊されるアメリカと日本の危機

出版社名 徳間書店
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-19-865274-6
4-19-865274-0
税込価格 1,650円
頁数・縦 268P 19cm

商品内容

要旨

アメリカでいま静かに拡大する新たな共産主義。過剰な「反差別」運動や資本主義否定により、歴史や教育、伝統的価値観の破壊が加速し社会の分断と弱体化が顕著になっている。しかも、日本にもその波を利用し、分断と混乱を煽る勢力が台頭し始めている。米民主党、BLM、アンティファと共産主義の関係、ポリティカル・コレクトネスやキャンセル・カルチャーの実態、日本で進む中国やリベラルの分断工作を解説、警鐘を鳴らす。

目次

第1章 「反差別」「反格差」でアメリカを侵蝕する新たな共産主義(ポリコレ、アイデンティティ・ポリティクスによる社会分断
アメリカで急拡大するマルクス主義 ほか)
第2章 リベラルに分断されるアメリカ(共産主義に侵蝕されたアメリカが起こした日米戦争
アメリカでは共産党は非合法組織 ほか)
第3章 日本を分断するメディアと左翼の大問題(バイデン政権の対中姿勢は信用できるか
バイデン政権では日本の覚悟こそが求められる ほか)
第4章 (「Qアノン」が広めた陰謀論の実態
中国共産党に煽動されたJアノン=「デュープス」 ほか)
第5章 いま日本にどのような危機が迫っているのか(本当の中国の脅威はどこにあるのか
中国が仕掛ける「エコノミック・ステイトクラフト」 ほか)

出版社・メーカーコメント

暗黒の4年間が始まる! バイデンを裏で操り、アメリカの分断を加速させる勢力の正体とは。

著者紹介

ギルバート,ケント (ギルバート,ケント)   Gilbert,Kent Sidney
1952年、アイダホ州に生まれる。1970年、ブリガムヤング大学に入学。翌1971年に末日聖徒イエス・キリスト教会のモルモン宣教師として初来日。経営学修士号(MBA)と法務博士号(JD)を取得したあと国際法律事務所に就職、企業への法律コンサルタントとして再来日。弁護士業と並行して英会話学校「ケント・ギルバート外語学院」を経営。またタレントとしてもテレビに出演。2015年、アパ日本再興財団による『第8回「真の近現代史観」懸賞論文』の最優秀藤誠志賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)