• 本

子どものための保育制度改革 保育所利用者減少「2025年問題」とは何か

出版社名 自治体研究社
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-88037-726-1
4-88037-726-0
税込価格 1,320円
頁数・縦 105P 21cm

商品内容

目次

1章 2010年代、保育制度・保育所はどう変わったのか
2章 保育所における2025年問題
3章 2020年代、公立施設の統廃合と児童福祉法第24条第1項の廃止が焦点
4章 公立保育所の役割
5章 地域でどのように保育所を整備すべきか
6章 認定こども園化にどう対応すべきか
7章 統廃合か、最低基準の改善か、ここに最大の争点がある

著者紹介

中山 徹 (ナカヤマ トオル)  
1959年大阪生まれ、京都大学大学院博士課程修了、工学博士。現在、奈良女子大学生活環境学部教授。自治体問題研究所副理事長、(社)大阪自治体問題研究所理事長。専門は、都市計画学、自治体政策学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)