• 本

ドストエフスキーとの旅 遍歴する魂の記録

岩波現代文庫 文芸 340

出版社名 岩波書店
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-00-602340-9
4-00-602340-5
税込価格 1,452円
頁数・縦 362P 15cm

商品内容

要旨

ドストエフスキー文学の翻訳・研究者として名高い著者の自伝的エッセイ。少年時代に初めて『罪と罰』を読んだ時の衝撃から学生時代のドストエフスキー体験、ソ連留学時のスパイ容疑事件、プーシキン・メダル授章式など、自らの人生のエピソードと葛藤にドストエフスキーの作品世界を重ね合わせつつ語る。

目次

1 「父殺し」の起源
2 激動の青春
3 『罪と罰』体験
4 甦る『悪霊』
5 ウリヤノフスク事件
6 カタストロフィ
7 ロシアの幻影
8 ヨーロッパの幻影
9 ひそやかな部分
10 新たな旅立ち

出版社・メーカーコメント

ドストエフスキー文学の翻訳・研究者として名高い著者の自伝的エッセイ。少年時代に初めて『罪と罰』を読んだ時の衝撃から学生時代の文学サークル体験、ロシア留学時のスパイ容疑事件、プーシキン・メダル授賞式など、自らの人生のエピソードにドストエフスキーの作品世界が重ねあわされながら語られる。(解説=野崎歓)

著者紹介

亀山 郁夫 (カメヤマ イクオ)  
1949年栃木県生まれ。東京外国語大学外国語学部ロシヤ語学科卒業。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。東京外国語大学名誉教授、名古屋外国語大学学長、世田谷文学館館長。日本芸術院会員。専門はロシア文学・ロシア文化論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)