• 本

モンタイユー ピレネーの村 1294〜1324 下 新装版

刀水歴史全書 26

出版社名 刀水書房
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-88708-471-1
4-88708-471-4
税込価格 3,630円
頁数・縦 425P 20cm

商品内容

要旨

スペイン国境に近い小村モンタイユーで14世紀に吹き荒れた異端審問の嵐。異端審問官が根掘り葉掘り聞き出した住民の生活実態。土地の司祭が9人以上の村の女性たちと関係していた事実まで明るみに…アナール派最高傑作。

目次

子供の時代。人生の諸時期
村で死ぬ
文化交流と社会的結合の構造―書物と夜語り
社会結合の構造―女・男・若者
居酒屋、ミサ、党派
思考の装置―時間と空間の観念
自然と運命の感覚
呪術と救済
ひたすら聖母に。ならびにその他の聖者
宗教慣行の実態
逸脱と善信者
恥と罪
貧困、喜捨、労働
民俗と亡霊
墓のかなた、冥界
家と冥界
史料、ならびに謝辞

著者紹介

井上 幸治 (イノウエ コウジ)  
1910年埼玉県に生れる。1933年東京帝国大学文学部卒業。神戸大学、立教大学、津田塾大学教授を歴任。1989年死去
渡邊 昌美 (ワタナベ マサミ)  
1930年岡山県に生れる。1953年東京大学文学部卒業。高知大学、中央大学教授を歴任。高知大学名誉教授。2016年死去
波木居 純一 (ハギイ ジュンイツ)  
1937年京都府に生れる。1959年学習院大学文学部卒業、61年フランス、ストラスブール大学プロテスタント神学部卒業。現在、津田塾大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)