• 本

泥棒たちの十番勝負

徳間文庫 あ1−116 夫は泥棒、妻は刑事 21

出版社名 徳間書店
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-19-894677-7
4-19-894677-9
税込価格 814円
頁数・縦 343P 15cm

商品内容

要旨

不動産営業マンの太田が、念願の土地を売ってもらうために倉橋老人の家を訪れると、そこには倉橋の死体が!思わず逃げ出し、太田は指名手配されてしまう。殺人現場となった家へやってきた今野淳一と真弓の夫婦は、地下に宝石や現金が隠されていることを知り、倉橋が淳一の同業者であると考える。誰が倉橋を殺したのか?犯人をおびき出すため淳一はある仕掛けをする―。

出版社・メーカーコメント

「夫は泥棒、妻は刑事」の大人気シリーズ第21弾が登場!不動産営業マンの太田は、念願の土地を売ってもらうために倉橋老人の家を訪れると、そこには倉橋の死体が! 思わず逃げ出してしまったため、太田は指名手配されてしまう。殺人現場となった家へやってきた今野淳一と真弓の夫婦は、地下に宝石や現金が隠されていることを知り、倉橋は淳一の同業者である泥棒だと気づく。真犯人はほかにいる! 淳一はおびき出すためある仕掛けをするが……。<目次>プロローグ1 アンニュイな日2 手配の顔3 長い列4 監視5 人質6 刺激的7 新しい敵8 都会の夜9 再会10 祝いの涙11 消えた刑事12 裏取引13 裏の裏14 迷い15 獣の群れ16 救出劇17 悩みと解放エピローグ解説 山前譲

著者紹介

赤川 次郎 (アカガワ ジロウ)  
1948年、福岡県生まれ。’76年、「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。『東京零年』で第50回吉川英治文学賞受賞。「三毛猫ホームズ」「夫は泥棒、妻は刑事」シリーズなどミステリの他、サスペンス、ホラー、恋愛小説まで幅広く活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)