• 本

広東名菜赤坂璃宮 譚彦彬の味

出版社名 世界文化社
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-418-21316-0
4-418-21316-3
税込価格 6,930円
頁数・縦 191P 30cm

商品内容

目次

第1章 炒
第2章 湯
第3章 蒸
第4章 煮
第5章 炸
第6章 白灼、拌
第7章 飮茶

著者紹介

譚 彦彬 (タン ヒコアキ)  
1943年7月30日生まれ。神奈川県横浜市出身。高校中退後、16歳で料理の世界へ。西新橋にあった「中国飯店」で修業をスタート。その後、芝の「留園」に移り、20歳の時に仙台ホテル「梅花園」、名古屋「御園飯店」、奈良国際ホテルなどを経て、1980年、京王プラザホテル「南園」の副料理長に就く。1990年にホテルエドモント「廣州」の料理長に就任する。この頃から『浅草橋ヤング洋品店』などTVにも出演。1996年、53歳で「赤坂璃宮」のオーナーシェフに。2004年には銀座店を、2020年には虎ノ門に「香港焼味酒家 赤坂璃宮」をオープンする。TV出演、著書多数。調理師学校や料理教室、イベント等の料理講師を務めるなど活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)