• 本

読む力を鍛える

PHP文庫 さ60−5

出版社名 PHP研究所
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-569-90164-0
4-569-90164-6
税込価格 814円
頁数・縦 242P 15cm

商品内容

要旨

“哲学書をどう読み進めるか”“必ずしも原著を読む必要はない”“哲学者の社会への視点をつかむ”“現実世界は常に「運動」している”“社会生活の悩みにヘーゲルを生かす”情報が氾濫するネット社会で、世界を多元的に見る、知の使い方。

目次

第1章 いま求められている知とは何か
第2章 知の枠組みを身に付ける
第3章 知の系譜を知る
第4章 哲学の知を生かす
第5章 知の技法を培う
第6章 知を実践する

出版社・メーカーコメント

ネット社会で読む力が衰えた今、体系知をどう使い役立てるべきか。各百科事典、哲学書の読み方、足りない知識の埋め方などを指南する。

著者紹介

佐藤 優 (サトウ マサル)  
作家。元外務省主任分析官。1960年、東京都生まれ。同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在英日本国大使館、在ロシア連邦日本国大使館に勤務した後、本省国際情報局分析第一課において、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で東京地検特捜部に逮捕され、2005年に執行猶予付き有罪判決を受ける。2009年に最高裁で有罪が確定し、外務省を失職。2013年に執行猶予期間を満了し、刑の言い渡しが効力を失った。2005年に発表した『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社)で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。2006年に『自壊する帝国』(新潮社)で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞、2020年に第68回菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)