• 本

はじめての精神医学

ちくまプリマー新書 387

出版社名 筑摩書房
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-480-68411-0
4-480-68411-5
税込価格 902円
頁数・縦 206P 18cm

商品内容

要旨

うつ病、統合失調症、認知症、パーソナリティ障害…さまざまな精神疾患の具体的な症状や治療法を解説。さらには「精神医学とは何なのか」、「精神医学に何ができるのか」までを問いなおす。

目次

第1部 今の精神医学はどうなっているのか(こころの病気はひとつではない
自閉スペクトラム症、知的能力障害、注意欠如・多動症
統合失調症、双極性障害、うつ病
不安症、強迫症
心的外傷後ストレス障害(PTSD)、適応障害、解離性健忘、身体症状症 ほか)
第2部 精神医学とはそもそも何なのか(精神医学とは対人援助である
精神医学の守備範囲「外」
精神医学の守備範囲を考える
病気と医療の関係
精神医学はどこを目指すべきか)

出版社・メーカーコメント

うつ病、統合失調症、認知症、パーソナリティ障害――さまざまな精神疾患の症状や治療法を広く見渡し、さらには「そもそも精神医学とは何か」までを考える。

著者紹介

村井 俊哉 (ムライ トシヤ)  
1966年大阪府生まれ。京都大学大学院医学研究科修了。医学博士。専門は臨床精神医学一般、行動神経学、高次脳機能障害の臨床。マックス・プランク認知神経科学研究所、京都大学医学部附属病院助手などを経て、京都大学大学院医学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)