• 本

発掘写真で訪ねる北区古地図散歩 明治・大正・昭和の街角

出版社名 フォト・パブリッシング
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-8021-3263-3
4-8021-3263-8
税込価格 2,420円
頁数・縦 183P 26cm

商品内容

目次

1章 歴史テーマで見る北区(縄文時代から古墳時代―中里貝塚は水産加工場だった
平塚神社は豊島氏の城館址だった―群衞が置かれた中世「豊島氏の時代」
「景勝地」王子・飛鳥山の江戸時代―王子神社が繁華の起こりとなった
赤羽や王子は大宮県だった―明治維新から北区の成立まで
荒川は利根川の下流だった―荒川と北区の明治20年代 ほか)
2章 古地図で見る北区(北区の風物詩となった浮間の桜草―北赤羽〜浮間船渡
軍用地と宿場町の戦前戦後―赤羽〜赤羽岩淵周辺
荒川の治水成って隅田川領域の発展―岩淵水門〜志茂周辺
稲村城から軍用地へ―赤羽台地〜十条周辺
帝都の工業地帯から交通至便な住宅地へ―王子・飛鳥山〜十条周辺 ほか)

著者紹介

坂上 正一 (サカウエ ショウイチ)  
東京・深川生まれ、1972年東京都立大学経済学部卒業。日刊電気通信社に3年ほど在籍後、日本出版社に就職。その後、フリーランスとして生活文化をフィールドとして活動。2006年、新人物往来社『別冊歴史読本 戦後社会風俗データファイル』に企画・編集協力で参画後、軸足を歴史分野に。かんき出版でビジネス本にたずさわりながら2011年、同社から『京王沿線ぶらり歴史散歩』『地下鉄で行く江戸・東京ぶらり歴史散歩』を「東京歴史研究会」の名で上梓。現在は新聞集成編年史を主資料に明治・大正・昭和戦前の生活文化年表づくりに取り組み中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)