• 本

言葉の園のお菓子番 〔2〕

孤独な月

だいわ文庫 430−2I

出版社名 大和書房
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-479-30884-3
4-479-30884-9
税込価格 770円
頁数・縦 310P 15cm
シリーズ名 言葉の園のお菓子番

商品内容

要旨

二十六歳で職を失い、亡き祖母の縁で連句会・ひとつばたごに通いはじめた一葉。書店員の経験を生かし、自分にできること、自分にしかできないことを探しながら手探りで働き始めるなか、連句メンバーから意外な仕事の打診を受け…。ひとりひとりの心を映した言葉と言葉が響き合い、連なり変化していく連句のように、人と人が、想いと想いが、仕事と仕事が繋がり、その先の道へと光を放つ―。別れと出会い、悲しみと喜びが静かに心を満たし、前を向く勇気をもらえる感動の人気シリーズ、待望の第二弾!

出版社・メーカーコメント

亡き祖母の縁で始めた「連句」を通して新しい人や仕事と繋がっていく一葉。別れと出会い、悲しみと喜びが孤独な心を照らす感動作!

著者紹介

ほしお さなえ (ホシオ サナエ)  
1964年東京都生まれ。作家・詩人。1995年『影をめくるとき』が第38回群像新人文学賞優秀作受賞。2016年『活版印刷三日月堂 星たちの栞』が第5回静岡書店大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)