• 本

魔女のマジョランさん世界一まずいクッキーのひみつ

GO!GO!ブックス 3

出版社名 ポプラ社
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-591-17133-2
4-591-17133-7
税込価格 1,518円
頁数・縦 108P 22cm

商品内容

要旨

ミサトの町の商店街「アカシア通り」に、ふしぎなお店ができました。“世界一まずいクッキーの店マジョラン”。お店のおばあさんからクッキーを買うとしあわせになる、といううわさで学校じゅう持ちきりです。ある日、ミサトがお店のなかをのぞくと…。女の子のゆれる気持ちをすくいあげたファンタジー。

出版社・メーカーコメント

★友だちとの行き違いで悲しい気持ちになった主人公ミサトは、魔女のマジョランさんのお店で孫娘のルカに出会います。2人はマジョランさんの力で不思議な場所へ行き、わくわくする時間を過ごすなかで、特別の友だちになります。魔女のクッキー店を舞台に、主人公の気持ちをていねいにすくいながら、イメージ豊かな場面が次々と展開するファンタジー。★あらすじアカシヤ通り商店街に「世界一まずいクッキーの店」という看板のお店ができました。本当はとてもおいしくて、店主のマジョランさんがクッキーの種類も数も選び、買った人は幸せになるといううわさが立ちます。ある日、お店の前までいったミサトを、マジョランさんは強引に招き入れ、へんな味のクッキーをふるまい、さらにおくの部屋で孫娘のルカに会わせます。赤い服に着がえたマジョランさんがくるくるまわると、スカートがどんどんふくらんで……、気づくと、ミサトとルカは赤い幕で囲まれた部屋にいました。そして、ミサトは忘れられない風景に出会います……。

著者紹介

石井 睦美 (イシイ ムツミ)  
神奈川県生まれ。『五月のはじめ、日曜日の朝』(岩崎書店)で毎日新聞小さな童話大賞と新美南吉児童文学賞、『皿と紙ひこうき』(講談社)で日本児童文学者協会賞、『わたしちゃん』(小峰書店)でひろすけ童話賞を受賞。翻訳を手がけた絵本『ジャックのあたらしいヨット』(BL出版)が産経児童出版文化賞大賞を受賞
井田 千秋 (イダ チアキ)  
緻密であたたかみのあるタッチでイラストレーターとして活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)