• 本

米中戦争 「台湾危機」驚愕のシナリオ

朝日新書 836

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-02-295145-8
4-02-295145-1
税込価格 891円
頁数・縦 256P 18cm

商品内容

要旨

これは対岸の火事ではない―最新地政学で読み解く、米中攻防の行方。米中の武力衝突は決してフィクションではない。安全保障学の重鎮である著者が、米国と中国の最新情勢を分析した上で、平時と有事の隙間をつく“グレーゾーン事態”を含む、情報、サイバー、宇宙、電磁界など多次元に広がった「ハイブリッド戦争」の最前線に迫り、二つの大国間で起こりうる軍事対立の見取り図を描く!

目次

第1章 国交正常化後の米中関係―過去から将来のマトリックス分析
第2章 中国の発展に関するモデル分析
第3章 「脅威」とはなにか
第4章 「能力」以上に重要な「意図」
第5章 中国の「目的」「動機」を左右する内外情勢
第6章 「グレーゾーン事態」「ハイブリッド戦争」―古くて新しい概念
第7章 「グレーゾーン事態」「ハイブリッド戦争」を如何に抑止するか
第8章 米中の軍事対立に関するマトリックス分析
第9章 中台双方の「目的」に関するマトリックス分析
第10章 中台双方の「動機」に関するマトリックス分析
最終章 米中戦争を如何に「抑止」するか

出版社・メーカーコメント

米中の武力衝突のリスクが高まっている。中国が台湾を攻撃し米国が参戦すれば、日本が巻き込まれ「第三次世界大戦」の火種がつきかねない。安全保障学の重鎮が複雑に絡み合う国際情勢を解きほぐし、日本がとるべき対策を提言する。

著者紹介

宮家 邦彦 (ミヤケ クニヒコ)  
1953年神奈川県生まれ。キヤノングローバル戦略研究所研究主幹、立命館大学客員教授。1978年に外務省入省。外務大臣秘書官、中近東第一・第二課長、日米安全保障条約課長、在中国・在イラク大使館公使、中東アフリカ局参事官を歴任。2005年に退職し外交政策研究所代表を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)