• 本

新しい地域ネットワークの教科書 ご近所の共助があなたの未来をひらく

出版社名 あさ出版
出版年月 2021年9月
ISBNコード 978-4-86667-313-4
4-86667-313-3
税込価格 1,540円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

超高齢社会を生き抜く、ご近所ネットワークの可能性の選択肢とは!?

目次

第1章 「現状」と「ありたい姿」を共有する
第2章 地域共生社会をイメージする
第3章 ご近所の共助を「自分ごと化」する
第4章 変化を起こす「考え方」「心構え」に向き合う
第5章 最大の壁「メンタルモデル」に向き合う
第6章 日本人について考える
第7章 行政の限界と住民主体について考える
第8章 地域の活動に共通する難問を解決する
第9章 ご近所の共助が日本の未来をひらく

出版社・メーカーコメント

日本だけが持つ地域コミュニティ。「ご近所」とは、イコール「町内会」ではなく、すべての日本人に共通する最も身近なコミュニティ。家庭や仕事、学校以外のコミュニティに属することで、人生の楽しみを増やし、生き方を考え直すことにつながります。様々な問題に向き合い、共に生き抜く、地域共生社会への第一歩として、これからの「ご近所」の可能性を考える一冊。

著者紹介

伊藤 幹夫 (イトウ ミキオ)  
1964年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。りそな銀行(旧大和銀行)、ディップ、アニコム損害保険に勤務後、2019年に起業。2015年から2年間多摩大学大学院での学び直しと同時に地域社会にどっぷり浸かる。現在は、多摩大学医療・介護ソリューション研究所に席を置きながら、町内会会長、成田ニュータウン自治会連合会事務局長、自主防災組織会長、指定避難所運営委員会委員長に加え、多くの地域支援活動に向き合っている。公益財団法人さわやか福祉財団のさわやかパートナー。一般社団法人若草プロジェクトの賛助会員。公益財団法人丸和育志会の会員(優秀プロジェクト賞受賞者)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)