• 本

毒警官

出版社名 小学館
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-09-386616-3
4-09-386616-3
税込価格 1,870円
頁数・縦 316P 19cm

商品内容

要旨

窃盗の罪で横浜刑務所横須賀刑務支所に収監されていた利根太作は、身柄引受人の保護司が見つかったことで仮釈放された。社会復帰後は、保護司の娘・小海友紀が営む辻堂のレストランを住み込みで手伝うことに。友紀の同居人である阿久津晴也は、窓際警官“ごんぞう”として鳩裏交番に勤務する傍ら、立件しづらい家庭内暴力や性虐待の加害者を、“毒”を用いて命を奪わずに粛清していた。利根が見込まれたのも、このミッションに不可欠なピッキング、住居侵入のスキルを期待してのことだった。危険極まりない悪童警察小説!

出版社・メーカーコメント

窃盗の罪で横浜刑務所横須賀刑務支所に収監されていた戸根太作は、仮釈放された。阿久津晴也は警官でありながら、立件しづらい犯罪を“毒”によって粛清するため、窃盗のスキルを持つ利根に手を差し伸べたのだ。

著者紹介

佐野 晶 (サノ アキラ)  
東京都中野区生まれ。会社勤務を経て映画ライターに。『ゴーストアンドポリス GAP』で、第1回警察小説大賞を満場一致で受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)