• 本

酔人・田辺茂一伝

中公文庫 た56−3

出版社名 中央公論新社
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-12-207127-8
4-12-207127-5
税込価格 968円
頁数・縦 295P 16cm

商品内容

要旨

若き日の立川談志が「人生の師匠」と慕った紀伊國屋書店創業者・田辺茂一。戦後の新宿文化をつくり上げた実業家、そして「夜の市長」と呼ばれた粋人とのユニークな師弟関係を、芸人・文士らとの華やかな交友関係とともに振り返る。家元流の観察眼が光る昭和人物列伝であり、毒舌のうちに故人への哀惜がにじむ漫談風エッセイ。

目次

短いプロローグ 現代、何故田辺茂一か
第1章 人生の師
第2章 芸人好き
第3章 文人づき合い
第4章 御大の艶話
長めのエピローグ 最期の捨て台詞

出版社・メーカーコメント

若き談志が「人生の師」と慕った紀伊國屋書店創業者・田辺茂一。ともに過ごした昭和の夜を懐古する名エッセイ。談志没後10年に初文庫化。〈解説〉高田文夫

著者紹介

立川 談志 (タテカワ ダンシ)  
1936年東京生まれ。52年、高校を中退して五代目柳家小さんに入門。芸名小よし、小ゑんを経て、63年に真打昇進、七代目立川談志を襲名。71年、参議院議員に当選、沖縄開発庁政務次官等を務める。83年、落語協会を脱退し、落語立川流を創設、家元となる。2011年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)