• 本

マンガ日本の歴史 19

新装版

寛政の改革と化政文化

中公文庫 S27−19

出版社名 中央公論新社
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-12-206961-9
4-12-206961-0
税込価格 924円
頁数・縦 453P 16cm
シリーズ名 マンガ日本の歴史

商品内容

要旨

松平定信は士風の退廃を立て直すため内政改革を性急に断行し、農村復興に努める。欧米列強との緊張が高まる中、ロシアから大黒屋光太夫が帰国し異国見聞を伝える。教育が大衆化することで町民の社会認識が深まり、馬琴・一九・写楽・歌麿・北斎・広重・南北らの個性豊かな才能によって化政文化が花開く。

目次

序章 松平定信の登場
第1章 寛政の改革
第2章 外圧と海防
第3章 “寛政の遺老”の政治
間章 “野暮”の時代
第4章 笑いと伝奇と艶麗の文芸
第5章 浮世絵と生世話な歌舞伎
第6章 鄙ぶりの俳風、雪の文化
第7章 草莽の学問、実践の文化

出版社・メーカーコメント

松平定信は士風の退廃を立て直すべく内政改革を断行。教育の普及と大衆化によって、馬琴・一九・写楽・歌麿・北斎・広重・南北ら個性豊かな才能が花開く。

著者紹介

石ノ森 章太郎 (イシノモリ ショウタロウ)  
1938年(昭和13)、宮城県生まれ。高校在学中に『二級天使』でデビュー後、一貫して日本漫画界の第一人者として活躍。代表作に『サイボーグ009』(講談社児童まんが賞)、『佐武と市捕物控』(小学館漫画賞)、『マンガ日本経済入門』、『マンガ日本の歴史』全五五巻(アジア漫画大会漫画アカデミー賞大賞)、『マンガ日本の古典1 古事記』など多数。1998年(平成10)1月死去。2008年、ギネス・ワールド・レコーズから「一人の著者によって出版された最多コミックの記録」として世界記録の認定を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)