• 本

IRT項目反応理論入門 統計学の基礎から学ぶ良質なテストの作り方

出版社名 オーム社
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-274-22768-4
4-274-22768-5
税込価格 2,860円
頁数・縦 159P 21cm

商品内容

要旨

良質なテストの作り方を学ぼう。いちばんやさしいIRTの入門書!!

目次

第1部 準備(数学の基礎知識
統計学の基礎知識)
第2部 本題(各問題の特性を知る―項目特性曲線
各受験者の真の能力を推定する―最尤推定法
各問題の難しさの度合いなどを推定する―EMアルゴリズムに基づく周辺最尤推定法
未来のテストのために問題を蓄える―等化による項目プールの生成
良質なテストを作成する―項目情報曲線)
付録

出版社・メーカーコメント

良質なテストの作り方を学ぼう、いちばんやさしいIRTの入門書!!項目反応理論(IRT)を解説した入門書です。IRTとは、Item(項目:テストの1つひとつの問題)、Response(反応:正答か誤答か)、Theory(理論:能力の推定値)のことです。項目反応理論は本格的に学習するようになるのは院生および共通試験とか試験の制作にかかわる人です。一方、項目反応理論で扱う数学は文系にはかなり難しいもの(微分積分レベル)でなかなか理論を習得できない人も多いのです。本書では良質なテストの作成に役立つ知識や各問題の難しさを意味する困難度や、識別力や当て推量と呼ばれるものなどをやさしく解説していくものです。

著者紹介

高橋 信 (タカハシ シン)  
1972年新潟県生まれ。九州芸術工科大学(現・九州大学)大学院芸術工学研究科情報伝達専攻修了。民間企業でデータ分析業務やセミナー講師業務などに従事した後、大学非常勤講師や非常勤研究員などを務めた。現在は、著述家として活動する傍ら、企業や大学などでの講演活動にも精力的に取り組んでいる。著書はスウェーデン語やイタリア語やロシア語などに翻訳されてもいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)