• 本

コロナ後の世界

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-16-391458-9
4-16-391458-7
税込価格 1,650円
頁数・縦 286P 19cm

商品内容

要旨

“コロナ・マッチョ”、反知性主義、正常性バイアス、相互監視、医療崩壊、縁故主義、『1984』的ディストピア、後手に回る政治…「生きている気」がしなくなる国で―なぜ日本はここまで劣化したのか?社会の病毒をえぐり、再生への道筋を示す真の処方箋!

目次

1 コロナ後の世界(隣組と攻撃性
パンデミックとその後の世界 ほか)
2 ゆらぐ国際社会(トランプとミリシア
アメリカ大統領選を総括する ほか)
3 反知性主義と時間(日本のイディオクラシー
酔生夢死の国で ほか)
4 共同体と死者たち(倉吉の汽水空港でこんな話をした
自戒の仕掛け ほか)

著者紹介

内田 樹 (ウチダ タツル)  
1950年東京生まれ。思想家、武道家、神戸女学院大学名誉教授、凱風館館長。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程中退。専門はフランス現代思想、武道論、教育論など。『私家版・ユダヤ文化論』で小林秀雄賞、『日本辺境論』で新書大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)