• 本

思考のコンパス ノーマルなき世界を生きるヒント

PHPビジネス新書 430

出版社名 PHP研究所
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-569-85061-0
4-569-85061-8
税込価格 979円
頁数・縦 205P 18cm

商品内容

要旨

時代の“先”が見えない今、多くの人が迷わないための“地図”を欲している。しかし、「地図はすぐに古くなり、使い物にならなくなる。一方、真北を常に指すコンパスさえあれば、どんな変化にも惑わされず、自分の選択に迷うこともない」―そう語る著者が様々な分野の識者と対話。自分の「思考のコンパス」を手に入れ、迷った時に一歩踏み出すためのヒントが得られる1冊。

目次

はじめに―アフターコロナの世界を生きるためのコンパス
第1章 夢中になれる仕事を見つけられない日本の社会システムとは?(北野唯我)
第2章 「資本主義はもうダメだ」では社会は変わらない。「すきま」を埋める言葉を(近内悠太)
第3章 五感から情報化するために人間は「ノイズ」を求める(養老孟司)
第4章 タンザニア商人に学ぶ制度や組織に頼らない生き方(小川さやか)
第5章 生物的な仕組みの理解なしに資本主義は成り立たない(高橋祥子)
第6章 毎月7万円のベーシックインカムが日本の閉塞感を打ち破る(井上智洋)
第7章 ゆるやかに今を楽しむライフスタイルが徐々に広がっていく(広井良典)

出版社・メーカーコメント

独立研究家の山口周氏が様々な分野の識者と語り尽くす。自らの“思考のコンパス”を手に入れ、迷った時に一歩踏み出すためのヒント。

著者紹介

山口 周 (ヤマグチ シュウ)  
1970年、東京都生まれ。独立研究者、著作家、パブリックスピーカー。ライプニッツ代表。慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科美学美術史学専攻修士課程修了。電通、ボストンコンサルティンググループ等で戦略策定、文化政策、組織開発などに従事。『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』(光文社新書)でビジネス書大賞2018準大賞、HRアワード2018最優秀賞(書籍部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)