• 本

シェイクスピアとの往還 日本シェイクスピア協会創立六〇周年記念論集

出版社名 研究社
出版年月 2021年10月
ISBNコード 978-4-327-47237-5
4-327-47237-9
税込価格 4,180円
頁数・縦 246P 20cm

商品内容

要旨

シェイクスピアとの対話と往還を続けてきた協会の最新論文集。創立60年、いわば「還暦」を迎えた協会に所属する12名の論者が、精緻なテクスト読解の伝統を堅持しつつ、新しい時代のシェイクスピア研究を切り拓く。

目次

1(“Hark,who is’t that knocks?”―『オセロー』四幕三場のノックの音についての一考察
「母とは呼べない、もはや墓場だ」―『マクベス』と死せるスコットランド
『お気に召すまま』における修辞のパロディ
『尺には尺を』における権力とエクイティ
「嘆かわしい一幕」―『リチャード二世』検閲説をめぐって ほか)
2(シェイクスピアを諷刺する―パルナッソス劇と世紀転換期の諷刺文化
シェイクスピア初期版本の話者表示(speech‐prefix)
ある詩人のファースト・フォリオ―一七世紀の旧蔵本
シェイクスピアを教える夏目漱石―「マクベスの幽霊に就て」から「坪内博士と『ハムレット』」へ
二人の「オフィーリア」―堀正旗『ハムレット現代に生きなば』(一九三〇)における女性像)

出版社・メーカーコメント

★日本のシェイクスピア研究の最前線1961年に創立され、今年で創立60年を迎える日本シェイクスピア協会の最新論文集です。ベテランから若手までの12名の寄稿者を迎え、シェイクスピアを中心とするエリザベス朝演劇や、シェイクスピアの日本での受容や翻案までを論じています。「還暦」を迎えた同協会は、シェイクスピアとの対話と往還を長年続けてきましたが、この新しい論集でも、丁寧なテクスト読解を堅持しながら、シェイクスピアとの「往還」の新しいかたちを提案しています。