• 本

クラシックを読む 1

愛・狂気・エロス

祥伝社新書 641

出版社名 祥伝社
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-396-11641-5
4-396-11641-1
税込価格 990円
頁数・縦 263P 18cm
シリーズ名 クラシックを読む

商品内容

要旨

クラシック音楽にはドラマがある。曲の背後には作曲者の人生があり、その苦悩や喜びが詰め込まれているからだ。ブラームスがある女性に捧げた「弦楽六重奏曲第一番」、なぜか不倫をテーマにした映画に使われるラフマニノフの「ピアノ協奏曲第二番」、一人で聴いていると異世界に吸い込まれそうになるラヴェルの「夜のガスパール」など、知られざる逸話と共に二四曲を紹介する。二万枚を超えるCDに囲まれ、ほぼ毎日聴いている作家・百田尚樹によるクラシック音楽エッセイ、第1巻。まずは気になった曲から、どうぞ。

目次

第1章 愛の幻想(ベルリオーズ「幻想交響曲」―失恋が創作のエネルギー
ブラームス「弦楽六重奏曲第一番」―愛する女性に捧げた曲、その女性とは?
チャイコフスキー「白鳥の湖」―「通」から軽く見られるが、まぎれもない名曲 ほか)
第2章 エロス(リヒャルト・シュトラウス「サロメ」―過激さゆえに、何度も上演禁止になったオペラ
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第二番」―「性」の香りを放ち、不倫に合う!?
モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」―破天荒で、エロティックなオペラ ほか)
第3章 天才の狂気(ムソルグスキー「展覧会の絵」―一枚だけ未発見の原画をめぐる謎
パガニーニ「二四の奇想曲」―多くの音楽家を魅了する、複雑怪奇な曲
ベートーヴェン「ピアノソナタ第二三番“熱情”」―勇気が湧き、気力が漲る曲 ほか)

著者紹介

百田 尚樹 (ヒャクタ ナオキ)  
1956年、大阪市生まれ。同志社大学中退。放送作家として、「探偵!ナイトスクープ」等の番組構成を手掛ける。2006年に『永遠の0』で作家デビュー。2013年に『海賊とよばれた男』で第10回本屋大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)