• 本

ゴリラの森、言葉の海

新潮文庫 や−74−2

出版社名 新潮社
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-10-126592-6
4-10-126592-5
税込価格 649円
頁数・縦 291P 16cm

商品内容

要旨

野生のゴリラを知ることは、ヒトが何者か、自らを知ること―アフリカの熱帯雨林でゴリラと暮らした霊長類学者と、その言葉なき世界の気配を感じ取ろうとする小説家。京都大学の山極研究室で、野生のサルやシカが生息する屋久島の原生林の中で、現代に生きるヒトの本性をめぐり、二人の深い対話は続けられた。知のジャングルで、ゴリラから人間の姿がいきいきと浮かび上がる稀有な一冊。

目次

1 ゴリラとヒトが分かち合う物語(河合隼雄先生が導いた「偶然」
二十六年ぶりに蘇った記憶 ほか)
2 ゴリラの背中で語り合う(家族愛に必要なもの
人間は本来多産な種 ほか)
3 ゴリラとヒトの間で遊ぶ(ゴリラの同性愛を発見
遊びと性衝動 ほか)
4 屋久島の原生林へ(一日目
二日目)

出版社・メーカーコメント

野生のゴリラを知ることは、ヒトが何者か、自らを知ること――アフリカの熱帯雨林でゴリラと暮らした霊長類学者と、その言葉なき世界の気配を感じ取ろうとする小説家。京都大学の山極研究室で、野生のサルやシカが生息する屋久島の原生林の中で、現代に生きるヒトの本性をめぐり、二人の深い対話は続けられた。知のジャングルで、ゴリラから人間の姿がいきいきと浮かび上がる稀有な一冊。

著者紹介

山極 寿一 (ヤマギワ ジュイチ)  
1952(昭和27)年、東京都生れ。霊長類学者、ゴリラ研究の第一人者。京都大学理学部卒、同大学院で博士号取得。京都大学霊長類研究所などを経て同大学教授、京都大学総長。2021(令和3)年より総合地球環境学研究所所長。著書多数。河合隼雄学芸賞選考委員
小川 洋子 (オガワ ヨウコ)  
1962(昭和37)年、岡山県生れ。小説家。早稲田大学第一文学部卒。’91(平成3)年「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞。『博士の愛した数式』(読売文学賞、本屋大賞)はじめ多くの小説・エッセイがあり、海外にも愛読者を持つ。芥川賞選考委員、河合隼雄物語賞選考委員など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)