• 本

日本の森のアロマ 人と地球の未来を結ぶ

出版社名 世界文化社
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-418-21419-8
4-418-21419-4
税込価格 1,980円
頁数・縦 127P 21cm

商品内容

要旨

飛騨高山の森から生まれた1滴の精油が人と地球の未来を変えるかもしれない…森を知り尽くした著者が、たどり着いた「香りの世界」。「森の精油」の決定版!成分などの詳細から使用方法まで解説。

目次

第1章 日本産アロマの出発とこれから
第2章 日本の森のアロマを紹介
第3章 日本産アロマに関するQ&A
第4章 森のアロマのある暮らし
第5章 日本産精油の使い方
第6章 日本産精油を使ったトリートメント
第7章 日本産アロマの現状と未来

出版社・メーカーコメント

「日本の森産精油」の特徴、使い方などを詳しく解説。2010年に刊行、好評を博した『日本の森から生まれたアロマ』をリニューアル。オークヴィレッジ代表として長く森と関わってきた筆者が、とあるきっかけでアロマの研究開発を始め、日本の森、それも自らが暮らす飛騨高山の森の香りを、精油にするまでおよそ10年。さらに10年以上が過ぎた現在、「人と森」の関係はさらに重要性を増している。森を生かし、人の未来を明るくするためのひとつの方策が「森から生まれる精油」。SDGsが世界の課題となっている今、日本産アロマがわれわれの暮らしと森、ひいては地球環境とどう関わるのか…筆者の想いは尽きない。

著者紹介

稲本 正 (イナモト タダシ)  
1945年、富山県生まれ。72年、長野県大町市近郊に山小屋を造り、工芸村構想を立てる。74年、オークヴィレッジを岐阜県高山市内に創設。76年、旧清見村に工芸村としてのオークヴィレッジを建設。94年、『森の形 森の仕事』(弊社刊)で毎日出版文化賞を受賞。「森の惑星」プロジェクトで世界の森林地帯を訪ねる。現職はオークヴィレッジ(株)会長、正プラス(株)会長、NPO法人ドングリの会会長、東京農業大学客員教授、岐阜県教育委員など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)