• 本

天国と地獄、あるいは至福と奈落 ネーデルラント美術の光と闇

北方近世美術叢書 6

出版社名 ありな書房
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-7566-2177-1
4-7566-2177-5
税込価格 5,280円
頁数・縦 254P 22cm

商品内容

要旨

ヤン・ファン・エイクと工房の“最後の審判”“磔刑”二連祭壇画に、ロヒール・ファン・デル・ウェイデンの“ボーヌ祭壇画”に、シモン・マルミオンの『トゥヌグダルスの幻視』に、ヒエロニムス・ボスの“最後の審判”に、ヤン・ブリューゲルとペーテル・パウル・ルーベンスの“エデンの園(人類の堕落)”に、天と地/光と闇/生と死のはざまで希求されるネーデルラント美術に秘められたエリュシオンを視る!

目次

プロローグ 光と闇のはざまで
第1章 忍びよる死―ヤン・ファン・エイクと工房“磔刑”“最後の審判”二連画
第2章 善生善死への導き―ロヒール・ファン・デル・ウェイデン作“ボーヌ祭壇画”
第3章 イメージの源泉と文学伝統―シモン・マルミオン『トゥヌグダルスの幻視』
第4章 永遠の業火か浄罪の炎か―ヒエロニムス・ボスが描く罪人の試練
第5章 動物たちの楽園―ヤン・ブリューゲル(父)/ルーベンス“エデンの園(人類の堕落)”をめぐる考察
エピローグ 彼岸の世界へのまなざし

著者紹介

今井 澄子 (イマイ スミコ)  
大阪大谷大学文学部教授/ネーデルラント美術史
木川 弘美 (キガワ ヒロミ)  
清泉女子大学文学部教授/ネーデルラント美術史
杉山 美耶子 (スギヤマ ミヤコ)  
日本学術振興会特別研究員/ネーデルラント美術史
小池 寿子 (コイケ ヒサコ)  
國學院大學文学部教授/ネーデルラント美術史
廣川 暁生 (ヒロカワ アキ)  
國學院大學文学部兼任講師他/ネーデルラント美術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)