• 本

龍に恋う 贄の乙女の幸福な身の上 3

富士見L文庫 み−7−1−3

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-04-074060-7
4-04-074060-2
税込価格 726円
頁数・縦 299P 15cm
シリーズ名 龍に恋う

商品内容

要旨

七夕の頃。銀市と旧知の神使・灯佳を助けた珠は、礼としてなぜか五歳の姿にされてしまう。望んでいない“礼”に困惑するが…?時をあわせたように、神隠しの噂が店に持ち込まれる。珠は子ども姿でも役に立ちたいと努め、解決の糸口を見出す。しかし同時に、幼い体に引きずられ、独りではままならぬ感情と経験を噛みしめる。人に上手く頼れぬ彼女に、銀市たちの慈しみが注がれ―自覚したのは、温かな気持ち。一方その背後では、隠し神の噂を皮切りに、銀市や珠を巻き込む哀しい昔物語が蘇りつつあった。

出版社・メーカーコメント

「珠には、ただ幸せになって欲しいだけなんだ」 銀市が少女に望むのは――神使・灯佳によって五歳の姿にされてしまった珠。子ども姿でままならない事もあるなか、銀市たちの慈しみを受け――自覚したのは、温かな気持ち。だが、水面下では二人を巻き込む、哀しい逸話が蘇りつつあった……。

著者紹介

道草 家守 (ミチクサ ヤモリ)  
2013年からWEBで小説投稿を開始し、2015年に作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)