• 本

『五足の靴』をゆく 明治の修学旅行

集英社文庫 も26−11

出版社名 集英社
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-08-744324-0
4-08-744324-8
税込価格 880円
頁数・縦 365P 16cm

商品内容

要旨

明治40年夏、与謝野鉄幹が北原白秋ら若き4人の詩人を連れて九州を旅した。「五人づれ」という連名で「東京二六新聞」に連載された紀行文『五足の靴』には、その後活躍する詩人たちの才能の萌芽を見ることができる。2018年、世界遺産に指定された長崎、天草の地も踏んでいた彼らの足跡を、森まゆみが歩いた記録。知られざる名著の解説書にして、歴史を体感できる旅へと誘う極上のガイドブック。

目次

大人の修学旅行、東京を出発
安芸の宮島厳島神社へ
赤間が関
福岡
砂丘
灰色の柩、柳河
雨の日―佐賀
吉井勇
唐津
松浦佐用姫の領巾振山〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

明治40年、与謝野鉄幹と四人の若き歌人が九州を訪れた旅を、著者が10年以上かけて追体験。詩情と旅情あふれるノンフィクション。

著者紹介

森 まゆみ (モリ マユミ)  
1954年東京都文京区生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業、東京大学新聞研究所修了。出版社で企画、編集の仕事にたずさわった後、フリーに。84年に子育て仲間の山崎範子、実妹の仰木ひろみと地域雑誌「谷中・根津・千駄木」を創刊。2009年終刊、のち「谷根千記憶の蔵」を主宰して、地域資料のアーカイブ化に努める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)