• 本

不登校の幼馴染が学校に行く条件は、毎日俺とキスすることだった

富士見ファンタジア文庫 く−8−1−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-04-074328-8
4-04-074328-8
税込価格 748円
頁数・縦 285P 15cm

商品内容

要旨

高二の宏樹の日課は不登校の幼馴染ユキの家に毎日通うこと。何度呼びかけても部屋から出てこない彼女に宏樹は最後の手段を使う―。「何か俺にできることない?何でもするから」「…それなら、毎日私とキスして。そしたら学校に行く」彼女の真意が分からぬまま、ユキの部屋で、屋上で、放課後の教室で。誰にも見つからないように何度もキスをした。「初めてだから…上手くできないかも」「下手くそなキスでごめんね、もっと上手くなるから」「…続き、していい?」俺たちは付き合ってない。なのに、どうして俺とキスするの?キミの本当の望みは?これはキスから始まる背徳ラブコメディ。

出版社・メーカーコメント

これは、キスから始まる背徳ラブコメディ高一で不登校になった同い年の幼馴染ユキ。俺に何かできることはないか?「私とキスをして。そしたら学校に行くから」ユキには中学の時に告ってフラれている。彼女の真意が分からぬまま、キスを重ねていくが……。