• 本

じつは義妹(いもうと)でした。 最近できた義理の弟の距離感がやたら近いわけ

富士見ファンタジア文庫 し−9−1−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-04-074293-9
4-04-074293-1
税込価格 715円
頁数・縦 316P 15cm

商品内容

要旨

親の再婚で、高校生の俺にできた義理の弟・晶。複雑な家庭環境で育ったせいで、美少年だけど人見知り。兄弟に憧れていた俺は、晶のためにいつも一緒に遊んで過ごしていたら…めちゃくちゃ懐かれて、意気投合して、距離も急接近!「…兄貴、もしかして僕のこと好き?」「ああ、もちろん」勘違いをしたまま、深まる2人の仲。そして、ついに晶が「妹」だと気付き、戸惑う俺に…「兄貴とはこれまで通りの距離感がいい。むしろ今よりもっと僕と―」「兄妹」から「恋人」を目指す、晶のアプローチが始まって!?気安くて可愛すぎる、弟…のような妹との、いちゃラブコメ!

出版社・メーカーコメント

気安く距離を詰めてくる、弟のような――妹との秘密の関係!?親の再婚で、俺の家族になった晶。美少年だけど人見知りな晶のために、いつも一緒に遊んであげたら、めちゃくちゃ懐かれてしまい!?「兄貴、僕のこと好き?」俺はまだ知らない。晶が、実は「妹」であることに…

著者紹介

白井 ムク (シライ ムク)  
岩手県盛岡市出身。第9回講談社ラノベ文庫新人賞にて『俺がピエロでなにが悪い!』で佳作受賞。同作でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)