• 本

ミニシアターの六人

出版社名 小学館
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-09-386629-3
4-09-386629-5
税込価格 1,760円
頁数・縦 293P 19cm

商品内容

要旨

スクリーンは奇跡を映す。だから映画は人生の栞となる。『ひと』の著者による渾身の人生賛歌。

出版社・メーカーコメント

スクリーンは奇跡を映す。観客の人生にも。  銀座のミニシアターで、二年前に亡くなった末永静男監督の追悼上映が行われている。二十一年前に公開された『夜、街の隙間』、上映は一週間だけ。最終日前日、午後四時五十分の回。観客は六人だった。この映画館で働いていた三輪善乃は、公開当時にチケット売場の窓口にいた。山下春子にとっては、大学の同級生と成り行きで観に行った作品だ。自主映画を撮っていた安尾昇治は、末永のデビュー作でその才能を目の当たりにし、道を諦めた過去がある。沢田英和は、この作品に元恋人との苦い思い出があった。誕生日デートのはずだった川越小夏は、一人でスクリーンを眺めている。映画監督を目指す本木洋央は、生物学上の父親が撮った作品を観に来ていた……。観客たちの人生と、『夜、街の隙間』のストーリーを行き来しながら、出会いとすれ違い、別れを繰り返す日々の中にある奇跡を鮮やかに描く。『ひと』の著者が銀座という街とミニシアター、そして映画への愛をも描き切った渾身の人生讃歌。  【編集担当からのおすすめ情報】  デビュー前、シナリオを書いていたこともあるという小野寺史宜さんが、ご自身のシナリオをモチーフとして、スクリーンに映し出される物語とスクリーンの前に座る観客たちの世界を描きます。『ひと』で2019年本屋大賞第2位に選ばれて以降、精力的に作品を発表される著者が、偶然の出会いの中に起こる奇跡に光を当てた新たな傑作です。

著者紹介

小野寺 史宜 (オノデラ フミノリ)  
1968年千葉県生まれ。2006年「裏へ走り蹴り込め」で第八十六回オール讀物新人賞を受賞してデビュー。08年『ROCKER』で第三回ポプラ社小説大賞優秀賞を受賞。『ひと』が2019年本屋大賞第二位に選ばれ、ベストセラー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)