• 本

老いと死をめぐる現代の習俗 棄老・ぽっくり信仰・お供え・墓参り

出版社名 勁草書房
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-326-60343-5
4-326-60343-7
税込価格 7,480円
頁数・縦 283,29P 22cm

商品内容

要旨

老いや死に対する人々の矛盾や葛藤を掬い上げる「あの世」とは。既存の宗教や科学に依拠せず、老いと死に折り合いをつけようとする現代日本における4つの習俗を通じ、その実相に迫る。

目次

序章 老いと死をめぐる習俗から現代社会を問う
第1章 「棄老」―民俗学的アプローチと文学的アプローチを用いて
第2章 「ぽっくり信仰」と「嫁いらず信仰」
第3章 「お供え」と「蔭膳」―不在の死者と不在の生者
第4章 「墓参り」―現地調査から見えてくる生者と死者
終章 習俗が投げかけるもの

出版社・メーカーコメント

聞き取り調査を通じ、既存の宗教や科学に依拠せず、老いと死に折り合いをつけようとする現代日本における習俗の実相に迫る。老いて労働生産性から脱落し、死へ歩みだしたことを自覚するとき、人はどのように老いや死と折り合いをつけるのか。「あの世」が存在するとの信念を共有する4つの習俗を「儀礼」の一環と捉え、その聞き取り調査を通じ、既存の宗教にも科学にも依拠せず、老いと死に折り合いをつけようとする現代日本における習俗の実相に迫る。

著者紹介

佐々木 陽子 (ササキ ヨウコ)  
1952年東京生まれ。2005年東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士後期課程単位取得退学。2011年より鹿児島国際大学福祉社会学部・福祉社会学研究科教授、2017年3月退職。2021年3月博士号取得(学術・東京大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)