• 本

変異する資本主義

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-478-11480-3
4-478-11480-3
税込価格 1,980円
頁数・縦 309,21P 20cm

商品内容

要旨

わずか5年で、世界は完全に変わった。衰退するアメリカ、軍事大国化した中国、すでに始まった戦争、そしてパンデミック。世界のパワーバランスが音を立てて崩れ、「資本主義」もその姿を大きく変え始めた。経済学、政治学、地政学、国際関係論などを駆使し、凶暴化する世界の「深層」を解き明かす。

目次

第1章 静かなる革命
第2章 「長期停滞」論争
第3章 自滅する「資本主義」
第4章 21世紀の富国強兵
第5章 覇権戦争
第6章 ハイブリッド軍国主義
最終章 来るべき世界

出版社・メーカーコメント

「覇権戦争」と「パンデミック」がもたらす「変異資本主義」とは何か?この一冊で、凶暴化する世界の「深層」がわかる。

著者紹介

中野 剛志 (ナカノ タケシ)  
1971年神奈川県生まれ。評論家。専門は政治経済思想。1996年、東京大学教養学部(国際関係論)卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。2000年よりエディンバラ大学大学院に留学し、政治思想を専攻。2001年に同大学院より優等修士号、2005年に博士号を取得。2003年、論文“Theorising Economic Nationalism”(Nations and Nationalism)でNations and Nationalism Prizeを受賞。主な著書に山本七平賞奨励賞を受賞した『日本思想史新論』(ちくま新書)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)