• 本

孤独からはじめよう

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-478-11439-1
4-478-11439-0
税込価格 1,650円
頁数・縦 238P 19cm

商品内容

要旨

77歳、孤高の経営者が語る「一人で生きる時代」の道標。

目次

1章 孤独からはじめよう
2章 孤独を力に「個」として自立する
3章 孤独が仕事の武器になる
4章 リーダーの孤独を乗り越える
5章 孤独で「素の自分」を磨く
6章 「孤独」=「さみしい」ではない
7章 孤独のなかで、他者とどう関わるか

出版社・メーカーコメント

【77歳、孤高の経営者が語る「一人で生きる時代」の道標】★「1億総孤独」コロナで暗くなってしまった現代に、希望を灯す奇跡の1冊!★「一人で生きる力」が湧き出て、読むだけで前向きに元気になれる珠玉の言葉たち!★4万部突破『ぜんぶ、すてれば』で話題。77歳伝説の経営者によるコロナ後の新メッセージとエピソードを収録!★自分に期待し、他人に依存しない人間関係を築く。「これからの時代」の道標となる人生哲学が満載!◎寺田倉庫前代表取締役社長としての経営改革など、大胆な手腕と比類なき視座の高さにより「伝説の経営者」と謳われる著者、中野善壽。◎著者の根底にあるのは、孤独を受け入れ、肯定すること。著者は幼少期から、孤独の中を生きてきた。◎孤独を生きることで、自分の感性を信じ、磨き抜くことができる。 そして「一人で生きていける」と思うことで、周りに左右されない自分をもつことができる。それは社会人として、他人との競争が必要な場面で武器となる。◎素の自分をさらけ出し、「個として自立」することで自分に期待がもてる。それにより、他者に依存せず、互いに期待し合う人間関係を築くことができる。◎コロナによって、「1億総孤独」といえる現代日本。他人と物理的・心理的な距離が広がるなか、誰しも、孤独と向き合いながら生きていかなければならない。◎暗くなってしまった世の中に、著者の生き方と人生論で、希望を灯す一冊。

著者紹介

中野 善壽 (ナカノ ヨシヒサ)  
ACAO SPA&RESORT代表取締役会長CEO。東方文化支援財団代表理事。寺田倉庫前代表取締役社長兼CEO。1944年生まれ。弘前高校、千葉商科大学卒業後、伊勢丹に入社。子会社のマミーナにて、社会人としてのスタートを切る。1973年、鈴屋に転社。海外事業にも深く携わる。1991年、退社後すぐに台湾に渡る。台湾では、力覇集団百貨店部門代表、遠東集団董事長特別顧問および亜東百貨COOを歴任。2010年、寺田倉庫に入社。2011年、代表取締役社長兼CEOとなり、2013年から寺田倉庫が拠点とする天王洲アイルエリアをアートの力で独特の雰囲気、文化を感じる街に変身させた。2018年、日本の法人格としては初となるモンブラン国際文化賞の受賞を果たす。2015年12月、台湾の文化部国際政策諮問委員となる。2019年に寺田倉庫を退社。地域や国境を越えた信頼感の醸成をはかり、東方文化を極めたいという飛躍したビジョンを持つ東方文化支援財団を設立し、代表理事に就任。国内外のアーティスト支援を通して、地方再生やアジアの若手アーティストの支援などを行っている。2021年8月、ホテルニューアカオ(ACAO SPA & RESORT)代表取締役会長CEOに就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)