• 本

製造物責任法の論点と解釈 詳解・分析「欠陥」「証明」の裁判例

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-7664-2782-0
4-7664-2782-3
税込価格 4,950円
頁数・縦 528P 21cm

商品内容

要旨

何が「欠陥」か?何を「証明」すべきか?300を超える製造物責任法の判例を、「欠陥」の法的意義、その証明問題に絞り、徹底的に分析・解説!実務家・企業担当者・消費者団体など製造物の実務・法務にかかわる全ての人に向けた必読参考書!

目次

序章
第1章 欠陥をめぐる裁判例の概説(欠陥をめぐる裁判例1―食品
欠陥をめぐる裁判例2―医薬品について ほか)
第2章 欠陥の意義と分析(総論的考察―違法性要件としての「欠陥」
欠陥をめぐる裁判例の整理・分析 ほか)
第3章 欠陥及び因果関係の証明についての裁判例(総論的考察
製造物責任法制定後の欠陥及び因果関係の証明をめぐる裁判例)
第4章 欠陥及び因果関係の証明についての考察(欠陥及び因果関係の証明についての判例の一般論
判例を参考とした各論的分析 ほか)
結章

出版社・メーカーコメント

携帯電話が発火しやけどを負った、石鹸の使用でアレルギーが発症した…。製品の欠陥により生命や財産に被害が及ぶ場合に製造者に損害賠償を請求できる製造物責任法(PL法)。「欠陥」と認定されるのはどういう不具合か、何を証明すればよいのか、25年間の判例の集積を実務家・研究者に提示する。

著者紹介

平野 裕之 (ヒラノ ヒロユキ)  
慶應義塾大学大学院法務研究科(法科大学院)教授。早稲田大学法学部非常勤講師、日本大学大学院法務研究科(法科大学院)非常勤講師。1981年司法試験合格、1982年明治大学法学部卒業、1984年明治大学大学院法学研究科博士前期課程修了、1984年明治大学法学部助手、1987年明治大学法学部専任講師、1990年明治大学法学部助教授、1995年明治大学法学部教授を経て現職。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)