• 本

暮らしにおける感性商品 感性価値を高めるこれからの商品開発と戦略

出版社名 晃洋書房
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-7710-3540-9
4-7710-3540-7
税込価格 2,750円
頁数・縦 167P 21cm

商品内容

要旨

私たちはどのように商品を選んでいるのだろうか。その商品の使い心地、使っているときの気分…。「感性」に訴える商品は、商品開発の過程で多くの工夫がなされている。本書は、衣食住に関する商品開発を考察し、日本のものづくり産業の衰退を打開するヒントを提供する。

目次

第1部 衣・ファッション・ラグジュアリーにおける感性商品開発(感性価値/物神的価値のこれから―ラグジュアリー戦略の適用と重要性
ラグジュアリーファッションにおけるオンラインリテール―デジタルプラットフォーマーの分析
ラグジュアリーブランドの国内市場におけるポジショニングと成功要因
ラグジュアリー産業の進化―日本の中小企業への応用可能性)
第2部 食・食文化・味覚における感性商品開発(日本の老舗ブランドにおけるラグジュアリーブランディング―京菓子司「亀末廣」の事例
日本食の国際化におけるアメリカでの再文脈化の地域性
ご当地レトルトカレーのパッケージデザインに見るおいしさ表現―シズル写真の多様な表現手法
味覚イメージの形態表現とその形態変化が味覚イメージに与える影響)
第3部 住・消費生活・街なかにおける感性商品開発(商業施設の「経験価値」による高付加価値化の提案と事例
企業ロゴにおけるグローバル企業のローカル展開
イタリアにおける高級車のデザインプロセス―マセラティ“maserati”を中心として
「感性なんてわからない」人と取り組む、動機のデザイン―当事者を主体者に変える、実践プロセス)

著者紹介

長沢 伸也 (ナガサワ シンヤ)  
早稲田大学ビジネススクール(大学院経営管理研究科)および商学研究科博士課程教授。1955年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修了。工学博士(早大)、立命館大学教授等を経て、2003年より現職、仏ESSECビジネススクール、パリ政治学院客員教授、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトン寄附講座教授を歴任。専門はラグジュアリーブランディング論、商品開発・管理学会長、Luxury Research Journal等5英文学術誌編集委員・顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)