• 本

薔薇色の門 誘惑 遠藤周作初期中篇

出版社名 河出書房新社
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-309-03006-7
4-309-03006-8
税込価格 1,980円
頁数・縦 253P 20cm

商品内容

要旨

人生には、どんな嫌な出来事や思い出すらも、ひとつとして無駄なものはない―。『わたしが・棄てた・女』につながる秘められた貴重な中篇、初の単行本化!「本当の生き方」にせまる、感動のエンターテインメント。

出版社・メーカーコメント

2023年、著者生誕100年の記念に際し、単行本未収録の幻の中篇二篇を収録。代表作の一つ『わたしが・棄てた・女』にも繋がる秘められた重要作。冴え渡るエンターテインメントの世界!

著者紹介

遠藤 周作 (エンドウ シュウサク)  
1923年、東京生まれ。幼年期を旧満州大連で過ごす。神戸に帰国後、十二歳でカトリックの洗礼を受ける。慶應義塾大学仏文科卒業。50年から53年までフランスに留学。一貫して日本の精神風土とキリスト教の問題を追究する一方、ユーモア小説や歴史小説、戯曲、「狐狸庵もの」と称される軽妙洒脱なエッセイなど、多岐にわたる旺盛な執筆活動を続けた。55年「白い人」で芥川賞、58年『海と毒薬』で新潮社文学賞、毎日出版文化賞、66年『沈黙』で谷崎潤一郎賞、79年『キリストの誕生』で読売文学賞、80年『侍』で野間文芸賞、94年『深い河』で毎日芸術賞、95年文化勲章受章。96年、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)