• 本

玉蘭 新装版

文春文庫 き19−22

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年12月
ISBNコード 978-4-16-791802-6
4-16-791802-1
税込価格 957円
頁数・縦 390P 16cm

商品内容

要旨

東京の生活に疲れ果てた有子は、編集者の仕事も恋人も捨て、上海へ留学する。だが、心の痛みは癒されない。ある夜、枕元に大伯父の幽霊が現れたことで、彼女は七十年前の彼の日記を紐解く。過去と現在の二つの世界が邂逅する時、玉蘭の花が香り…。魔都上海で繰り広げられる、切なくも妖しい異色の恋愛小説。

著者紹介

桐野 夏生 (キリノ ナツオ)  
1951年、金沢生まれ。成蹊大学法学部卒業。93年「顔に降りかかる雨」で江戸川乱歩賞受賞。99年『柔らかな頬』で直木賞、2003年『グロテスク』で泉鏡花文学賞、04年『残虐記』で柴田錬三郎賞、05年『魂萌え!』で婦人公論文芸賞、08年『東京島』で谷崎潤一郎賞、09年『女神記』で紫式部文学賞、『ナニカアル』で10年、11年に島清恋愛文学賞と読売文学賞の二賞を受賞。1998年に日本推理作家協会賞を受賞した『OUT』で、2004年エドガー賞(Mystery Writers of America主催)の候補となった。2015年、紫綬褒章を受章。21年。早稲田大学坪内逍遙大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)