• 本

臨床心理学史

出版社名 東京大学出版会
出版年月 2021年11月
ISBNコード 978-4-13-011145-4
4-13-011145-0
税込価格 7,700円
頁数・縦 464P 21cm

商品内容

目次

第1章 臨床心理学の前史―1896年まで(諸学の近代化プロセスと心理学前史の始まり
パリにおける精神病者の解放―1793年 ほか)
第2章 臨床心理学の成立―1896年から(近代心理学成立以降の心理学の多様化
ウィトマーのサイコロジカル・クリニック―1896年 ほか)
第3章 臨床心理学の多彩な展開―1921年から(基礎と応用と/楽観と危惧と:学範内外における心理学の広がり
性格理論の勃興と心理学的測定の必要性―1921年 ほか)
第4章 臨床心理学の成熟―1945年から(第二次世界大戦の終結と心理学の状況
子どもの精神衛生と母性(愛)神話―1945年 ほか)
第5章 臨床心理学の新展開―1960年ごろから(心理学における意味への志向の高まり
心理療法の多様化:短期療法という発想―1954年 ほか)

著者紹介

サトウ タツヤ (サトウ タツヤ)  
佐藤達哉。立命館大学総合心理学部教授/学部長。学校法人立命館災害復興支援室長。1962年生まれ、東京都立大学人文科学研究科博士課程中退、博士(文学 東北大学)。福島大学助教授等を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)