• 本

まる ありがとう

出版社名 西日本出版社
出版年月 2021年12月
ISBNコード 978-4-908443-67-1
4-908443-67-X
税込価格 1,320円
頁数・縦 175P 18cm

商品内容

要旨

まるがいなくなって、ほぼ1年になる。ポンと頭を叩いて、「バカ」というと、少し迷惑そうな顔で薄目を開ける。それができなくなったのが残念である。まるの写真114枚掲載。

目次

図らずも人気者に
ときどきまる
最期
死に場所
まるが来た日
無口な猫
ペットロス
人命は地球より重いか
まるが死んでから分かったこと
まるはものさし
感覚が優先する社会
日本人は「実感信仰」
まるの生き方
ブータンの幸福
自足する者の強み
死んだ動物のすむ星
四門出遊
大切なのは生き物らしさ
多様性の否定
安藤忠雄さんからの手紙
散歩
虫塚
こだわらない心
特別な猫

著者紹介

養老 孟司 (ヨウロウ タケシ)  
1937年、神奈川県鎌倉市生まれ。東京大学名誉教授。幼少時から親しむ昆虫採集と解剖学者としての視点から、自然環境から文明批評まで幅広く論じる。東大医学部の教授時代に発表した「からだの見方」で89年、サントリー学芸賞。2003年刊行の「バカの壁」は450万部を超える大ベストセラーとなった
平井 玲子 (ヒライ レイコ)  
2005年5月、養老孟司の秘書として有限会社養老研究所に入社。10年3月、インターネットで「そこまるブログ」をスタートさせ、まる(猫)の写真を投稿し始める。19年11月には「まるすたぐらむ」を開設。まるのフォトブック「そこのまる」「うちのまる」やDVD「どスコい座り猫、まる。」の制作にも携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)