• 本

その花の名を知らず 左近の桜

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年12月
ISBNコード 978-4-04-112000-2
4-04-112000-4
税込価格 1,870円
頁数・縦 255P 20cm

商品内容

要旨

桜蔵は、祖父の墓参りのため、霊園行きのバスに乗った。車中、森の話をする男がいた。その声に気をとられていたとき、バスが交通事故を起こした。はずみで、車内に白い骨片が散らばった。骨箱を抱えた人がいたのだ。さらに、シラトリヨハンなどと疑わしい名乗りをする若者も乗りあわせている。その日のできごとは、やがて祖父の遺品だった茶〓の謎へとつながり、桜蔵はみずからのルーツを辿る異界めぐりの旅をはじめるのだった。

出版社・メーカーコメント

消えた茶碗とみずからのルーツを追って、桜蔵の異界めぐりの旅がはじまる。武蔵野の隠れ宿を実家に持つ桜蔵(さくら)は、霊園行きのバスの中で奇妙な出来事に遭遇する。祖父の遺品に導かれるように、消えた茶碗の行方とみずからのルーツを追って異界めぐりの旅がはじまる。

著者紹介

長野 まゆみ (ナガノ マユミ)  
東京都生まれ。1988年『少年アリス』で文藝賞を受賞。2015年、『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞する。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)