• 本

ことばの果実

潮文庫 お−1

出版社名 潮出版社
出版年月 2021年12月
ISBNコード 978-4-267-02314-9
4-267-02314-X
税込価格 880円
頁数・縦 135P 16cm

商品内容

要旨

日本を代表する詩人であり、絵本や随筆の傑作も多い長田弘が紡ぎ出した連載最後のエッセー集。日常の何気ないひとコマが、私たちの日々の暮らしに四季の彩りを与えてくれる「果実」や「花実」を介して、読む者の心を優しく包み込む極上の物語に―。日本語とはこんなにも美しく、繊細で豊かな表現力を持ち合わせた「ことば」だったのかと感じさせてくれる。至福の読書体験にお薦めしたい一書。

目次

ことばの果実(苺
さくらんぼ
甘夏
白桃
スイカ ほか)
ことばの花実(オリーブ
グリーン・トマト
笹の葉
にんにく
胡椒 ほか)

出版社・メーカーコメント

日々の暮らしの光景に四季の彩りとアクセントをもたらしてきた「果実」と「花実」。食卓のささやかな悦びと至福の味の記憶を綴る――苺、白桃、葡萄、柿、栗、ミカン、バナナ、梨、落花生、笹の葉、茄子、アスパラガス、ふきのとう、納豆等。全38 テーマを「ことばの果実」「ことばの花実」として構成。美しい文章とともにカラー挿絵も魅力の一つ。長田氏の世界観とマッチした挿絵は単行本時から好評です。

著者紹介

長田 弘 (オサダ ヒロシ)  
詩人。1939年福島市に生まれる。63年早稲田大学第一文学部卒業。65年、詩集『われら新鮮な旅人』でデビュー。82年『私の二十世紀書店』で毎日出版文化賞、98年『記憶のつくり方』で桑原武夫学芸賞、2000年『森の絵本』で講談社出版文化賞、09年『幸いなるかな本を読む人』で詩歌文学館賞、10年『世界はうつくしいと』で三好達治賞、14年『奇跡‐ミラクル‐』で毎日芸術賞受賞。ほか絵本、翻訳など著書多数。2015年5月永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)