• 本

ゴールデン街コーリング

角川文庫 は21−15

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年12月
ISBNコード 978-4-04-111877-1
4-04-111877-8
税込価格 880円
頁数・縦 447P 15cm

商品内容

要旨

大学合格とともに北海道から上京してきた坂本は、ゴールデン街のバー“マーロウ”でアルバイトを始める。店主の斉藤は一世を風靡したコメディアンで、いまは書評家として知られていた。店には本好きが集まり、客と文学談義をする日々は充実していたが、悩みもあった。斉藤が度を超す酒乱だったのだ。バイトを続けていくか迷っていたそんなある日、殺人事件が起こる―。80年代の空気を活写したエンターテインメント長編!

出版社・メーカーコメント

「ぼくはゴールデン街が好きで、嫌いだ」バー〈マーロウ〉で働く坂本は、ある日放火の現場に遭遇する。親しくしている「ナベさん」が取締のため見回りを始めるが――。バブル前夜の新宿ゴールデン街、ひりひりした空気を切り取った珠玉の長編!

著者紹介

馳 星周 (ハセ セイシュウ)  
1965年、北海道生まれ。横浜市立大学文理学部卒業。96年、『不夜城』で衝撃的なデビューを飾る。翌年、同作品で第18回吉川英治文学新人賞を、98年、『鎮魂歌 不夜城2』で第51回日本推理作家協会賞を、99年、『漂流街』で第1回大藪春彦賞を、2020年、『少年と犬』で第163回直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)